大注目 】 ジャック・フレデリック・ミュニュレ MUGNIER Jacques-Frederic クロ・ド・ラ・マルシャル【 Rougeニュイ・サン・ジョルジュ Marechale la de Clos Cru 1er Nuits-Saint-Georges [2015]-赤ワイン

大注目 】 ジャック・フレデリック・ミュニュレ MUGNIER Jacques-Frederic クロ・ド・ラ・マルシャル【 Rougeニュイ・サン・ジョルジュ Marechale la de Clos Cru 1er Nuits-Saint-Georges [2015]-赤ワイン


  • 【 Jacques-Frederic MUGNIER ジャック・フレデリック・ミュニュレ 】

    1863年設立の、シャンボルに4ヘクタール強を所有するドメーヌは、1985年以降ジャック=フレデリックの息子フレデリックが運営するが、2004年ヴィンテージから新たなプルミエ・クリュが加わった。
    以前からミュニエ家の所有だったが、前世紀の初頭、フェヴレ家に貸し出されていたニュイ=サン=ジョルジュのプルミエ・クリュ、クロ・ド・ラ・マレシャルが戻ってきた。それに合わせドメーヌでは所有するシャトー・ド・シャンボル=ミュジニーに新しいカーヴも完成、畑の規模も3倍以上に広がった。

    ドメーヌはシャンボルの村落の最上部というまさにこのアペラシオンを睥睨する場所に位置し、歴史の重みを感じさせるシャトーに象徴される内容となっている。樹齢は、筆頭のミュジニーは1947年と1962年の植付けのヴィエーユ・ヴィーニュ、加えてレザムルーズの樹齢もおよそ60年ほどと高く、他の畑も平均で30年前後と安定している。

    何よりもデリケートなシャンボルのテロワールを体現するため、畑にこだわりその延長としての醸造となる。
    そのような意味からも化学肥料は1980年代半ばから、除草剤も1990年から止めた。害虫対策にも化学薬品は使用せず、替わりに食虫グモを畑に放すなど、地道な努力を怠らない。
    収量においてもヴァンダンジュ・ヴェールト以前に春の剪定でしっかりと芽を切り詰め、収穫においては選果を徹底し、決して遅摘みはしない。培養酵母には頼らず木製の開放の槽で発酵を開始。ピジャージュは1日に5回と多くおこない、色素、構成要素の抽出を図る。
    熟成に用いる樽はドメーヌで3年以上自然乾燥させ、焼きはごく軽いものを使用。ミレジムで多少異なるもののグラン・クリュには100パーセント近く新樽を用い、期間は18ヵ月前後、オリ下げ、清澄のみで基本的にフィルターはなし。

      ミディアム・赤
    1902年以来、ミュニエのモノポール。
    ただし、2003年まではフェヴレイに貸し出されていた。ミュニエの手に戻ってからワインのスタイルは大きく変わり、ニュイの南部クリマに見られるような武骨さはなく、しなやかでエレガントなワインとなっている。ラズベリーの果実香に、スミレのようなフローラルさが加わり、口中ではギスギスしたタンニンは感じられない。

  • 27年の実績!忌避剤/自然界の刺激剤 【クマ・シカOUT 原液 10L】 日本製 〔害獣忌避〕【代引不可】【送料無料】

    KBL トラクター用STハイラグ後輪タイヤ タイヤサイズ 12.4-26 4PR

光の楽園【光触媒/アートフラワー/造花】プレミアムカサブランカ