【おしゃれ】 木彫の鯨車(特大サイズ)/自然素材の手作りオブジェ/インテリア/土佐民芸社/高知/ご当地/民芸品/★他に中、小サイズや丸みのあるタイプ等もあります! 土佐の郷土玩具-その他

【おしゃれ】 木彫の鯨車(特大サイズ)/自然素材の手作りオブジェ/インテリア/土佐民芸社/高知/ご当地/民芸品/★他に中、小サイズや丸みのあるタイプ等もあります! 土佐の郷土玩具-その他


  • ※他のサイズやタイプもあります。
    土佐では明治39年(1906年)まで網捕鯨が行われていました。
    津呂組と浮津組というふたつの捕鯨組が室戸にあり、両組の鯨捕りたちは
    室戸岬沖だけでなく足摺岬の窪津などにも出漁しました。

    鯨車や鯨船は遠くの漁に出た鯨捕りが、船の艫などを削り、
    家で待つ子供のために作ったのが始まりと言われています。

    この玩具を商品化したのは羽指(はざし)を務めた松下駒弥太さんです。
    羽指(はざし)とは、勢子船の頭で、鯨に銛(もり)を投げ褌(ふんどし)一つで海に飛び込み、
    鯨の背に登ると、運搬用の縄を通す切れ目をつける危険な役目を果たしました。

    遠い海の上で、命がけで働くお父ちゃんが、
    大漁と無事を祈り、家で待つ子供のお土産にと手作りしたくじらのおもちゃ・・・
    くじらぐるまにはそんなお父ちゃんの思いがつまっている。

  • XLX465FBNJLE9 パナソニック 埋込ベースライト LED(昼白色)

    バーバリアン BARBARIAN Stockman Market別注モデル ラガーシャツパーカー フードリアン 2017model ST-1704

LEKTW407203SN-LS9 東芝 TENQOO ベースライト LED(昼白色)